メイク落しクレンジング

毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔の正しい頻度は?毛穴の汚れを大掃除

毛穴撫子 重曹スクラブ洗顔 頻度

毛穴のブツブツや汚れがあるだけで肌の自信がなくなってしまいますし、すっぴんなんて絶対誰にも見せられない…と諦めていませんか?

毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔なら毛穴の奥の汚れまで掃除できるだけでなく、肌のザラザラを解消し、つるっとしたたまご肌へと変えることができると注目されています。

どれくらいの頻度で重曹スクラブ洗顔を使えば、効果を得ることができるのでしょうか?

毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔の正しい頻度

スクラブだし1週間に1回くらいの頻度じゃないと肌に負担がかかってしまうと思われている方もいるのですが、毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔の使用頻度は毎日使うことで、理想のきめ細かい肌へと導くことができます。

しかし、一般的にスクラブは毛穴の汚れやザラつきを落とす効果が強いメリットはあるものの、肌に不安がかかってしまうので使用頻度が多いのはNGとされていることがほとんどですよね。

それなのになぜ毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔は使用頻度を毎日しても問題ないのでしょうか?

毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔はただのスクラブではなく、重曹に水を含ませた肌に優しい成分で作られています。

肌の表面にダメージを与えることなく、毛穴に詰まった皮脂や古い角質などをすっきり取り除いてくれるので、使用頻度が毎日でも大丈夫なのですね。

ゴシゴシ洗うのはNG!

毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔を使う頻度を毎日にすることで、毎日の汚れをその日に除去し、毛穴への蓄積を防ぐ効果があります。

毎日使用することで理想のたまご肌へといち早く近づけることができるのですが、洗い方には注意が必要です。

適量をとって軽く泡立たせ、毛穴の汚れが気になる部分にのせて優しくくるくると洗うだけでOKです。

毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔はアミノ酸系なこともあり、あまり泡立ちしませんが、泡立ちは少なくても問題ありません。

洗う時に優しく洗うことで肌表面に傷をつけずに取りたい汚れだけを落とすことができるのですが、洗う時にもっと汚れを落としたいからとゴシゴシと力を入れて洗うのは絶対にいけません。

肌に大きく負担をかけてしまい、炎症や腫れ、痒みを引き起こす原因となるので、力を入れすぎないように気をつけてくださいね。

最後に引き締めをしないと毛穴が開きっぱなしに!?

毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔を使う時に気をつけないといけないのが最後の引き締めです。

ぬるま湯で毛穴を開かせてから重曹スクラブ洗顔で毛穴の汚れを取り、ぬるま湯でしっかりと洗い流して終わり…だけだと毛穴が開きっぱなしになってしまいますよね。

ある程度時間がたてば自然に引き締まっていきますが、毎日引き締めケアをせずに終わってしまうと、毛穴の開きを悪化させる原因になります。

ぬるま湯でしっかりと重曹スクラブ洗顔を洗い流したら、最後は必ず水で肌を引き締めましょう。

こうするとことで、汚れをしっかり落としながら毛穴の開きを引き締める効果にもなるので、より理想の肌へと近づけることができますね。

水で洗う引き締めをするかしないかで肌の仕上がりは全く変わってきます。

お風呂や洗面台でできることなので、重曹スクラブ洗顔を使った時には必ず行ってくださいね。

毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔は使う頻度を毎日行うことで、常に毛穴の汚れを感じさせない透明感がある仕上がりを出すことができます。

毛穴の汚れやくすみが気になるからといってファンデーションを厚塗りしていると、年齢より上に見えてしまうだけでなく、肌がより汚れて見えてしまうことも…

素肌の自信を取り戻すためにも、毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔で昔のようなつるっとした透明感のある明るい肌を取り戻してみませんか?