本当のところを知りたい!「ファンケルクレンジングオイルの徹底したお肌への思いやり」って、結局どんな思いやり?

「無添加」はファンケルの企業理念でもありますが、今やメーカーの顔となるまで大ヒット商品となったのはファンケルクレンジングオイルですね。
しかしみなさんは、無添加と一言でいってもファンケルクレンジングオイルの成分についてきちんと理解しているでしょうか。

 

「無添加と聞くと肌によさそうだから安心」そう思う気持ちは痛いほどわかりますが、どんな成分でなにが安全なのか、気になる商品に関してはきちんと知っておくべきでしょう。

 

今回はそんなファンケルクレンジングオイルの成分から、どのように安心、安全で何が無添加なのかをまとめてみたいと思います。

 

【ファンケルクレンジングオイルの無添加】
ファンケルクレンジングオイルの無添加とは、以下のものが入っていないことを示しています。

 

・防腐剤
・香料
・合成色素
・石油系界面活性剤
・紫外線吸収剤

 

上記のものはクレンジングオイルに一般的に使用されている成分です。
しかしファンケルは徹底した「肌に必要ないものは商品に使わない」というこだわりを持っています。
それゆえ、お肌に不必要なものはなくし、必要なものは残すというコンセプトで作られたのが、ファンケルクレンジングオイルです。

 

【ファンケルクレンジングオイルのお肌にやさしい成分】
基本的に、クレンジングの際お肌をゴシゴシこすってしまうと、せっかくお肌が持っている「うるおいバリア」の力が弱まってしまいます。
そのため、ファンケルクレンジングオイルはこすらなくても濃いメイクが落ちるようクッション性のあるトロトロオイルになるよう成分を配合しました。

 

そうしたことから肌本来のうるおいバリア機能を守りつついらない汚れを落とすことが出来るのです。

 

【まとめ】
ファンケルクレンジングオイルの成分がお肌にやさしいとされている大きな理由は「お肌にいらない成分は配合せず、肌本来の力を活かせる成分を配合した」ことといえるでしょう。

 

いわばなかなか落ちない汚れをしっかりと落としながら、肌本来に備わっている力を応援してくれるのです。

 

これは、本当の意味での「お肌への思いやり、優しさ」であると言えるのではないでしょうか。